人形制作に関わる話題、日記等
http://narutodoll.blog15.fc2.com/
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告  
とりつかれているかのように
2008-03-09 Sun 02:58
今日は朝からピグマリオン教室行って約9時間
青年原型いじってました。
2~3週間前のフィギュアの原型師の荒木元太郎氏の製作ノートを見てから
目が覚めたかのように
楽をせず、気がついたら何度でも球をつけ直すとか
基本中の基本に戻ってデッサンの本を見たり
吉田先生の吉田式球体関節人形制作技法書の本を見て
青年人形を修正してきました。
ようやく全身をつないで
教室終了まじかな時間に
吉田先生にチェックしてもらいました。
「NARUTOさんにしては足短いんじゃない?」
この言葉が気になって
家に帰り胴体と足の長さを計りました。
胴体が首から股下まで30センチ、足の長さは30センチ
う~ん、教科書(吉田式)のスケッチや
デッサンの本の人体モデルにもあるように
胴体と足の長さ同じだからこれでいいじゃん‥‥‥

いかん~~~~~!

そう、まじめに作りすぎて
その思想ていうか枠にとらわれていたのです。
人間作ってどうするよ!
子供人形ならいいかもしれんが(デッサンの本どおり足の長さと胴の長さ同じで)
美青年人形だよ、本当の人間の体形作ったらかっこ悪いじゃん。
理想を人形にしてるんだから胴体より足長いほうがいいよね。
さすが吉田先生、よく気づかせてくれたぜ。
気になっちゃったら止まんなくて夜中の2時まで
足の長さ修正してました。太ももと膝の一番太いとこ切断して
足の長さ2~3センチ伸ばしました。


IMG_8983.jpg


ちなみにデッサン等の参考書は下記の2冊がお薦めです。
51NDYTPGCAL__AA240_.jpg

An Atlas of Anatomy for Artists
5102BjumDzpL__AA240_.jpg

Modeling the Figure in Clay



スポンサーサイト
別窓 | 雑記  
| Naruto Doll |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。